Riding Report

SUP/KITE/FOIL SURF DAY

2018.03.18
日曜日。
朝から弱い南風が入っていたので気温も高め。
潮が多いせいかタプタプ、ガタタタのコンディションでした。


僕がビーチに行くといつもいいタイミングでいい波に乗ってくれるFJIさん、写真を撮っていてもおもしろいメンバーさんの一人です。

一年前の5月も誰もいないサイズある波に乗っていた時の写真。
ショップに来始めた時はSUPで波に乗る方法すら知らなかったとに今ではルールやマナーをしっかりと守りながら着実にステップアップをしています。

FJIさんの相棒Suzukiさんは足を痛めてしまったようです。
来週からの沖縄トリップ無理をしないで楽しんでくださいね。
今月も早くも第三日曜日。

恒例のビーチクリーン。
TED SURFメンバーの皆さんもご参加いただきありがとうございました。

ビーチクリーンの後半から南風が入り始め一時間もしないうちに砂が飛び始めカイトサーフタイム。
これからの季節の定番パターン、SUPサーフ、カイトサーフとやるメンバーさんにとってみたら身体を休ませる時間なんて本当にありません。

暖かくなって誰よりも嬉しそうなのはMita-G。
寒くても毎日海をチェックしているからかそ誰よりもこの暖かくなった南風の貴重さをわかっているのだと思います。

Mita-G

Mita-G

昨年のカイトサーフィンスクール卒業生のSaitoくんもようやく海に復活。
セミドライ、フル装備があるので快適にこの季節からでもいいスタートが切れていましたね。

ミドルセクションではKishisan、Satoさんがフォイルサーフ練習。
ぐしゃぐしゃ波でもブレイクさえあれば関係ないのでショートボードオンリーの人でも楽しめる最高のアイテムです。
げんに他のサーフショップの方からの問い合わせも多くショートボードサーフィンの延長としてこのフォイルサーフィンをスタートしたい人達が増えて来ています。

ブランクを感じさせないSaitoくんのライディング。

これから3月、4月、5月はカイトサーファーにとっては一番の季節。
しっかり練習して上手くなりましょうね!

メンバーさんがロストしたボードを回収するNishiharaくん
2年前にスタートしたばかりのスクール卒業生ですが海の上での落ち着いたライディングなどはもうベテランの域に達しています。


Mita-G

Nishiharakun


Tsukiisanは下ろしたてのNais Kitefoil KS1でアウトサイドをクルージング。
今までのフォイルより明らかにスピードが出ていましたね。

Nishiharakun

南風の最高のコンディションだったので続々とメンバーさんが集まり後半はたくさんのカイトが上がりシーズンインしたなーと実感。

ショップではTKQ尊師とマッチャンのヒップホップ顔負けのマシンガンフォイルトークで気付いた時にはフォイルを手にとっていたTsuruchan….雪山から降りて来たその日にフォイルデビュー….さすが。

昨年はフォイルサーフしている人たちは変人イメージ(今でもかもしれませんが)ですが今ではショップメンバーの多くがみんな普通にライディングできるようになり乗れるようになった人達がこのスポーツに対してのインプレッションを伝えてくれているので精神的なハードルが下がりスタートしやすくなっているような気がします。
ただスポーツ自体の危険性や絶対に知らないといけないことなども多々あるショップオーナーさんや気合いを入れて極めようとしている人が近くにいないとものすごい回り道になるよスポーツでもあります。
その点今のTED SURFは僕を含めて昨年から個々が人体実験的な試行錯誤を繰り返し今に至る人達が多く、こんなショップは今のところTEDしかないと自慢できます。

大潮だったので午後の潮が増える時間帯を狙ってリバーマウスへ。


雑誌の撮影で千葉に来ていたハヤトくん、どっぷりフォイルにハマっていてこの日も誰よりも早く入りさすがのターンを魅せてくれていました。

フォイル初デビューのTsuruchan。
もちろんフル装備。

TKQ尊師はIWAフォイルで、誰もコネクトできなくなったうねりをノーモーションで永遠とロングライドしていました….。

大きめのボードを乗るようなったらテイクオフできるようになって来た241君ですがボディフォイリングも健在でビーチを湧かせていました笑


他のオリジナルメンバーに比べて無理はしないけどいつの間にかに安定したフォイル技術を身につけているのはさすがのTAOちゃん。

Hayato



まるでそこに綺麗なロングフェイスが存在するかのように思わせる素晴らしいターンを見せるHayato。
もちろんパンプを入れてうねりをコネクトしていくのも楽しいですがこのように流れる途切れないターンができるようになるとこのフォイルサーフの楽しさがさらに加速して行きます。

ストークして帰路に着いたはやとくん。
使用していたのは僕のSOSカスタム5`2とNaish Thrust L。

自分はというと野鳥撮影のプロのようにテトラの中から皆さんのライディングをパパラッチしていました。
photo by TAO

そのTAOちゃんの奥様、Mikuchan。
最近フォイルデビュー。

おおーー。

体が飛んでいきましたーー。
一見危なそうですがこうやって勢いよくワイプアウトしたほうがフォイルと自分の距離が離れるのでむしろ安全です。
一番危ないのがバランスを崩してもボードの上に粘ってしまうこと、そうするとフォイルやボードのレイルに落下する危険性がより高まります。
なので上手くなって多少ターンとかができてくると油断してしまいフォイルに落下したりすることがあります。
フォイルに関してはいつでも慎重に、無理をしないでというのが大切です。

だいぶフォイルらしくなって来たOKM先生。

TKQ尊師の模範フォーム。
膝の入り、低い姿勢、後ろ手の上がり、完璧ですね。
この姿勢のままおきまりのように夕日に消えていく姿は神々しく思えました…。

あまりにみんなが楽しそうにライディングしているので日暮れ20分前に1R。
数本ですが脚がガクガクになるくらいロングライドできたのでにっこりでした。

SUPサーフィン、カイトサーフィン、そしてフォイルサーフィンと遊び道具を変えて海の遊びを網羅できるTED SURF最高ですね。

週末遊びに来てくれた皆様ありがとうございました。

Jun


ピックアップ記事

  1. 波に風に楽しめた土曜日

関連記事

  1. Riding Report

    季節外れの北東カイトサーフセッション

    2017.08.16お盆休み最終日という方も多かった水曜日。…

  2. Riding Report

    夏に北東の風が吹き….used Naish

    朝から強めの北東の風が吹いていた九十九里。この時期この風向きが…

  3. Riding Report

    一宮CUP / カイトサーフ白里 / 再会

    2016.09.04朝一白里をチェックするとSUP修行僧たちが風に…

  4. Riding Report

    少しカイトサーフ

    2013.12.07朝から冬晴れ、日中は気温も高く過ごしやすい一日…

  5. Kiesurfing School

    フルラウンド海の日pt2だった山の日

    2016.08.11山の日。早朝から多くのメンバーさんがシ…

  6. Kiesurfing School

    perect Saturday👍

    2016.06.18朝5時半くらいに白里ビーチに着くとすでに5…

Calendar

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

TED SURF

TAG index
"真剣に海で遊びたい"
そんな方のためのビーチハウス
TED SURF Ocean Sports
九十九里の丁度真ん中に位置するオーシャンスポーツに最適な白里ビーチまで歩いて一分の場所にあります。
サーフィンはもちろんのこと、風を使うカイトサーフィン、ウィンドサーフィン、世界中で人気のSUPとトータルにオーシャンスポーをカバーしている圏内随一のオーシャンスポーツショップです。
ショップのまわりにはウッドデッキが一面にはられ、海のコンディションに左右されず休日をゆっくり過ごしたい方、そして波、風のコンディションが整ったときには思いっきり海を楽しみたい方を120%サポートします。
TED SURF
www.ted-surf.com
mail@tedsurf.com
千葉県大網白里市南今泉4881-20

instagram

  1. Staff

    Surfing School
  2. Riding Report

    ISM SUPセッション / 中古Jimmy Lewis Super Tech …
  3. おしらせ

    南下してSUPのちショップ裏でカイトサーフ/SURF EARS
  4. FOIL BOARD

    ワクワクが止まらない
  5. Staff

    Onjuku SUP
PAGE TOP